» e-URLディレクトリ_adminのブログ記事

結婚したのは、三十代後半になってから。

別に結婚したくないと思っていたわけでもないけど、仕事が忙しくて、出会う機会などまったくなく、気が付けば周りの男性は殆ど結婚していたというのが、正直なところ。

勤めは外資系で、普通の日系企業で働く男性サラリーマンより稼せいでいたし、周りもの女性の同僚も、もうずっと一人かもしれないから・・・ とマンションを購入している人が多かった。

私もそうしようかなってマンションを探し始めたときに、今の主人と急速に仲良くなった。

もう10年以上知っている人で、そういう関係になるとは思わなかったけど、食事したり、愚痴を言い合ったりしているうちに、この人とおじいちゃん、お婆ちゃんになりたいなって思い結婚した。

私は、家事がまったく駄目だけど、彼は何も言わない。出来ることだけすればいいよと言ってくれるとっても優しい人。

私が婦人科系の病気にかかり入院したときも、会社の帰りに毎日寄ってくれた。最終的に子供は望めないとわかったときに、私の手を握って、「子供が欲しくて結婚したんじゃないよ。ずっと二人でいよう」と言われたときには、涙が出た。 

結婚してよかったと思うのは、彼だからという一語に尽きる気がする。どんなに悲しいときもにも側にいて支えてくれる。

結婚はいい。一人じゃないって思える。家事、得に食事作りが苦手だった私も、彼に喜んでもらいたいなと思い、頑張るようになった。

独身だったら、誰かのために頑張ろうって思えない。結婚して本当によかったなって思う。
でも、他の誰でもない、彼だからこの結婚がよかったんだって思っています。