30代後半の女性です。30歳になった頃から、経ったり座ったり、階段を上ったりと言った日常の動作で膝の痛みを覚えるようになりました。

10年以上接客業で立ち仕事をしており、膝を酷使したことが痛みの原因なのではと思いましたが、最初は「しばらくすれば治る」と思って医者にも行かず、努めて気にしないようにしていました。

しかし膝の痛みはひどくなるばかりで、特に中腰の状態から立ち上がるときに「ズキッ」という感じの激痛が走り、立ったり座ったりするのが怖くなってしまいました。

仕方なく仕事の合間を縫って整形外科に行きましたが、レントゲンなどを取っての診断結果は「異常なし」でした。

強いて言うなら、軟骨の磨耗が見られる程度ということで、週に1回の温熱治療をすすめられました。

2ヶ月以上医者にかかりましたが、改善の気配は見られず、仕事もあまり休めないので痛みはさらにひどくなり、歩くだけでも痛むようになって、これでは駄目だと自分で何か方法を探すことにしました。

「軟骨の磨耗」という言葉を手がかりに、ネットで色々と調べたところ、軟骨成分を補うサプリメントが良いのではないかと考えるようになりました。

主な膝軟骨の成分はグルコサミンやコンドロイチンでしたが、他にも年齢を重ねるにつれ骨の主成分であるカルシウムも不足していくとのこと。

たくさんのサプリメントを飲むのは手間もお金もかかるので、これらの成分をまとめて一度に摂ることのできるワダカルシウム製薬の「グルコサミン&コンドロイチン&カルシウム」を試してみることにしました。

購入の決め手になったのは、やはり成分をそのままストレートに押し出した商品名です。これだけアピールしているのだから効果も期待できるのではと思いました。

飲み始めて1ヶ月くらいで、少しずつ膝の痛みが治まってきました。歩けなかったほどの痛みが和らぎ、立つ、座るといった動作もスムーズに行えるようになりました。

半年ほど経った今では、急に立ち上がると多少痛むことはありますが、日常ではほとんど違和感なく過ごせています。これからも飲み続けようと思っています。

膝や腰の痛み、関節痛はやはり早いうちに治療するのがベストだと思います。「まだ若いから」「放っておけばそのうち」と放置していると、私のようにどんどんひどくなっていってしまいます。

痛みを感じたら、それが軽くても一応診察を受けてみることをおすすめします。